大阪市立幼稚園民営化反対 市議会陳情採択

 大阪市議会文教経済委員会は2月25日、市民が提出した市立幼稚園全園の民営化を見直す陳情について公明、自民、民主系のOSAKAみらい、共産(計9人)が賛成し、反対する維新(6人)を上回り、採択しました。(大阪日日新聞、朝日新聞など 2月26日付参照)

 大阪市教が昨年10月に提出した、幼稚園民営化反対の陳情は「継続して審査」の扱いとなっていました。大阪市教幼稚園部は3月1日、保育所民間移管の方針が出されている市立保育所の保育士さん達とも連帯し、市役所でビラ配布、手つなぎ集会を開催し、市民・保護者とともに公立幼稚園・保育所民営化反対を訴えました。今後も、全保育所や幼稚園門前でのビラ配布や子育てシンポの取り組み、各区交渉等を行います。

市立幼稚園の民営化方針 見直し陳情を採択(大阪日日新聞 2月26日)