東日本大震災ボランティア報告①石巻から

 大阪市教は、全教の呼び掛けに応えて5月3日から6日まで、書記長を初め6名の方を派遣しました。

 一日目の報告が入りましたのでお知らせします。知り合いのみなさんにお知らせください。

5月3日石巻から

 本日、松島の宿舎を朝8時に出発、石巻に。
 男性十五人で水産加工会社の倉庫の後片付けをしました。魚の腐敗臭との闘いでした。津波発生から今まで手付かずで、私達が初めてのボランティアだったようです。大変な作業でしたが、会社の若い専務が、別れる時、深々と礼をされているのを見て、こみあげて来るものがありました。
 加工会社の周辺は津波でトラックがひっくり返ったり、建物が破壊されたりして大変厳しい状況です。
 宿舎に帰る途中、石巻全体が見渡すことができる、日和山公園に寄りました。街が津波によって全てなくなっている姿をまのあたりにして、言葉が出ません。たくさんの人々がそこで亡くなられたことを思うと目頭が熱くなりました。
 明日は、閉鎖する避難所の後片付けに行きます。石巻から帰りのバスより。