第48回港のつどい(10月20日)ご参加ありがとうございました。

第48回港のつどい10月20日(金)ご参加ありがとうございました。

日本民謡 川内家(かわちや) 叭笑(はっしょう)さん

◇10月20日(金)に開催された第48回港のつどいは、各職場と地域のみなさんを合わせて100名ほどの参加で開催することができました

◇メイン舞台は、「民謡から河内音頭・江州音頭まで 川内家(かわちや)叭笑(はっしょう)さん」を迎えて行いました。叭笑(はっしょう)さんは、日本民謡「唄と踊り」コンクール準優勝、NHKのど自慢週間チャンピオン、産経新聞社「産経民謡大賞」内閣総理大臣賞など、数々受賞されています。また、地域での民謡普及の功績により、「大阪市社会福祉協議会よりボランティア活動感謝状の授与」もされています。

◇「新春民謡祭典」産経ホール19回出演、NHKラジオ「民謡をたずねて」、毎日放送「ありがとう浜村淳です」8回出演、杉良太郎の舞台に民謡で出演など、さまざまな舞台やイベントに出演されてきました。

◇今回は、お弟子さんやその教え子さんを連れての出演で、その若い方の民謡も聞かせてもらいました。

◇叭笑(はっしょう)さんの河内音頭が始まると、会場から踊り子隊(?)があらわれ、歌に合わせて踊りが始まりました。ちなみに大阪市教港支部の矢野支部長も踊りの輪に入りました。

◇今回は、文化の交流ということで、絵画・書・写真・絵手紙・篆刻など教職員・地域の方々の作品を展示しました。

◇バザーも、各団体ともいろいろ工夫して品物をそろえたり、時間をかけた手作り品で参加したりして、楽しく交流できました。

◇今回から、つどいのチラシは、裏面に各参加団体の広告を載せることとし、各団体の新聞折り込みやポスト入れ等で7000枚を配布することができました。

(港のつどい実行委員会事務長小山)

写真説明

01 入口の看板 山本先生作

 
02 妹さんの民謡から始まる


03 待ってました 叭笑さん


04 会場もいっしょに「花笠音頭」をと


05 司会のすぎの子学童坂口さん


06 大阪市教港支部長矢野先生の挨拶


07 出演者紹介の青木先生


08 今年からの文化交流・作品展示


09 新婦人の絵手紙コーナー


10 絵画コーナー 薮内先生


11 絵画コーナー 早瀬先生


12 書と写真コーナー山本先生・小山先生


13 書のコーナー 深谷さん


14 写真と篆刻 青木先生


15 すぎの子学童 ベビーカステラ


16 あいらぶ工房 パン販売


17 NPOカフェミロ・ニューワークス
おにぎりとおかずとフリマ


18 ありんこ学童 マフィン・マナスル/p>


19 つむぎ福祉会ゆう パンとコーヒー、 青木先生の手作り小物


20 あおぞら学童ゆずりはの会くだもの、チョコレートなど


21 南市岡小と仲間たち 炊き込みご飯


22 テントウムシのブローチなどかわいい手作り小物 古荘さん


23 港新婦人 物品販売、レイラの化粧品も


24 港医療生協 手作り品


25 三先小学校のフリマ


26 港支部執行委員の昆布と田葉さんカレンダー


27 司会の生健会松田さんと宣伝中のメンバー


28 談笑しながら買い物を


29 叭笑さんの河内音頭に合わせて踊り隊が


30 踊り隊の中に若い人の姿も・・・。