キャンプファイヤーの雰囲気を味わえました

5月8日先輩の技伝授 連続講座第3回「みんなが仲良くなれるレクレーション講座」が、新採用の方をふくめ25名の参加で楽しくできました。

まず、参加者が初めに驚いたのが、講師が用意されたキャンプファイヤーをイメージした小道具と会場の雰囲気でした。2時に開会した後は、流れるような展開で次々とキャンプファイヤーの出し物、指導者の心得、ゲームの進め方などをおしえてくださいました。

そのあと、学級でふだんに使えるレクレーションもおしえていただきました。

あまりに流れるようだったので、何を教えていただいたのか?メモを基に、書き出してみます。参考になれば活用してください。

(1) 集合したときに1枚の名札を渡されました。そこになんでも良いから名前を書きました。ちなみに僕は「ごくう」「ひつじ」や「イルカ」もいました。

(2) 名前覚えゲーム・・・「○○さんの隣の○○です。」を繰り返す。おもしろいのは、隣の人の好きなものを聞いていて「○○の好きな○○さんの隣の○○です。」などと他己紹介するのがたのしかったです。

(3) 子どもたちを静かにさせる技・・・・子どもたちを目をつむらせておいて、ハンドベルを軽くたたき「音が聞こえている間だけ手をあげなさい。」と指示すると、みんなが真剣に聞くので、シーンとなりました。

ここには、たくさん書けないので、ここぐらいにします。支部のホームページにも参考になる記事がありますので、検索してください。