大阪市教 夏季学習交流集会に参加を

日時:8月24日(金)13時30分~17時

会場:アネックスパル法円坂(JR森之宮・地下鉄谷町四丁目)

内容:①橋下「維新の会」から子どもと教育を守る秋からの取り組みの提案

        大阪市立学校活性化条例、職員の政治的行為の制限に関する条例

        大阪市労使関係に関する条例に対する取り組み

    ②講演 大阪市の貧困と教育への期待

     講師 大口耕吉郎さん(大阪生活と健康を守る会事務局長)

    ③分会、支部、専門部からの発言をもとに交流します。 

 

橋下市長に、異議あり!! 6.25集会

□□□ 手をつなごう、市民と公務員  ともに働く仲間として □□□

橋下市長に、異議あり!! 6.25集会

―― 「公務員たたき」 と 「市民むけサービス削減」 を許さない――

日時 2012年  6月25日(月)  18:30~  (開場 18:00)
会場 中之島・中央公会堂 1階・大ホール
   ※ 京阪・地下鉄「淀屋橋」から徒歩5分
   ※ 赤レンガの建物。 入口は1階東側です。

“橋下市長に、異議あり!! 6.25集会” の続きを読む

維新・公明…教育行政基本条例、維新・自民・公明…職員基本条例可決   学校活性化条例は7月市会へ継続審議、引き続く闘いを

 大阪市会は5月25日の本会議で、一度否決した、「維新の会」の教育行政・職員基本条例を可決しました。公明党が賛成に転じたためです。職員基本条例案には自民党も賛成しました。

 教育基本条例のうち「学校活性化条例案」は、5月30日の市会本会議で採決出来ず、7月市会まで継続審議となりました。維新がねらう教育基本条例全体の可決を押し止どめたのは、私たちの闘いはもちろんのこと、市退教の1100名アピール、市民団体やPTAなど教育関係団体の「選択制異議あり」「反対」等の取り組みがあったからです。

 教育行政条例は可決されたとはいえ、上位法の教育基本法や憲法に反しています。

 また、「学校選択制」の熟議では、公募委員やPTA役員、校長会の役員の委員が反対の意見を述べています。

 次の闘いに向け、ここまで橋下維新の会を追い詰めた幅広い闘いの到達点を確認しましょう。

 また、子どもたちが楽しみにしている「年一回の芸術観賞などの多様な体験活動予算」の廃止や、給食費の値上げ、市音の廃止等、教育予算の激減や、すべての市民の暮らしに打撃を与える「市政改革素案」反対の闘いも大きく広がっています。

 これらの闘いと職場からの闘いを結合して7月市会で「活性化条例案」の採決をやめさせましょう。

教育基本条例案反対の署名を…まだまだ続く高い関心

 大阪市教協は、1月19日木曜日に森ノ宮駅で教育基本条例反対の宣伝行動を実施しました。(写真は森ノ宮駅のガード下)
 雨天の中8名で、100枚のチラシを配布しました。
 訴えたのは、橋下市長が、基本条例の先取りでやろうとしている「学校選択制」の問題点や1月30日に開催する市民学習会1月28日のシンポジウムのお知らせ、大阪府知事と市長に宛てた署名への協力要請です。

「子どもたちのすこやかな成長をゆがめ、府民の願いに反する「教育基本条例」「職員基本条例」の制定をおこなわないよう求めます」署名用紙はこちら

 また、大阪市と同じ政令市の堺市会では、12月15日の本会議で維新の会が提案した教育基本条例案と職員基本条例案を公明、ソレイユ堺(民主)、共産党、自民、無所属の維新以外の全ての会派の反対で否決したことも触れました。(堺市議会のHPで動画がみられます。1時間12分辺りからの討論が面白い)

 今週1月26日木曜日と2月9日木曜日も午後6時からします。是非ご参加ください。

教育基本条例案反対をもっと幅広く!12月9日金曜日森ノ宮駅で宣伝活動

 11月27日投票の大阪市長選挙は、橋下氏が約75万票、平松氏が約52万票で、橋下氏が当選しました。

 橋下氏は、当選後の記者会見で、9月に市会で否決された「大阪市教育基本条例案」を市長提案で再提案することを明らかにしました。


 これに対して、テレビ朝日の報道番組「ワイドスクランブル」は、大阪市教を取材。私たちは、「条例が制定されれば、子ども達が過度の点数競争に追いやられ、学校選択制実施で地域で子ども達を育てる体制が崩れ、結局は子ども達が犠牲になる」と指摘しました。また教職員の処分のことばかりが、話題になっているが、現場では日々教職員は子どもたちのために頑張っていることを指摘しました。(11月29日正午放送)

 大阪市教育委員会の永井哲郎教育長は、「学校選択制と学力テストの学校別成績の公開とセットで実施されたら影響はさらに大きくなる…」と強い懸念を示したと報道されました。(朝日新聞12月2日付夕刊)

 大教組は12月7日水曜日に中之島の中央公会堂で行われる教育基本条例案反対の府民集会に参加を呼び掛けると共に、12月9日金曜日には、大阪府一斉宣伝行動を呼び掛けました
大阪市教協は、JR森ノ宮駅で午後6時から宣伝します。(大阪市教西大阪支部は野田阪神駅で午後6時30分から実施)

 教育基本条例案に怒ってるあなたの職場からの参加を呼び掛けます。

教育基本条例案反対の宣伝に反響広がる

 大阪市教港支部は、11月26日土曜日午前に大阪城公園入口で、教育基本条例反対の宣伝行動を14名の参加でしました。(写真は大阪城公園でビラを配る組合員)
 今話題になっているためかビラの受け取りの反応は良く、1時間で300枚配れました。 特に子ども連れの方もよく受け取ってくださいました。
 城北支部も京橋駅で16名で宣伝活動をしました。30代の男性が、わざわざビラを取りに来て「先生も馘にするんでしょ。絶対に教育がだめになる。何とかしたい…。」と話してくれました。
 12月7日水曜日には中之島中央公会堂で、教育基本条例案の撤回を求める府民集会(講演は阪大大学院教授の小野田正利さん)が開催されます。
 職場から誘い合ってご参加下さい。

26日も森ノ宮駅で教育基本条例反対の宣伝行動、11月25日は、18名で宣伝行動


 大阪市教協は、24日に引き続いて、25日もJR森ノ宮駅で、教育基本条例案反対の宣伝行動を行いました。
(写真は11月24日木曜日)
 参加者は18名で、歩道を2列に並んで通る市民に、アピールできました。
 竹下景子さんや、杉良太郎さん、尾木ママ等が「教育基本条例は絶対反対です。」とアピールしていることも紹介しました。参加者も元気よくビラをまきました。
 明日11月26日土曜日も午前11時から1時間、JRと地下鉄森ノ宮駅を出て大阪城の入口で港支部が宣伝行動をします。
 何かしたい方は是非ご参加を!

命令と処罰では、子どもは育たない


 大阪市教協は11月21日、22日の両日JR森ノ宮駅頭で教育基本条例反対の宣伝活動を実施しました。(写真は11月22日午後6:20ころ)
 反対の声のひろがりを反映しているのか、ビラの受け取りがよく10月の1.5倍、昨日の参加は10名、30分で150枚、一昨日は8名参加(帰宅途中の組合員の参加もありました)で、20分で100枚がなくなりました。
 22日夜は西大阪や南大阪、城北支部も実施、北大阪支部は先週金曜日に実施など…闘いが拡がっています。最後の最後まで闘いの火を燃やしましょう。
 11月22日参加の市立特別支援学校の青年は、「受け取った方から『応援してる、がんばれ』と励まされた。歩いてる人が、ビラを貰いに来た人が何人もいた。」と感想を話してくれました。

 大阪市教協は、木曜日と金曜日も6時15分から45分まで、JR森ノ宮駅で実施します。命令と処罰の教育を防ぐため、できることをどんどんやりましょう