マエセンのおもしろ学級づくり 子どもの心に寄り添って ( 7/29 )

大阪市教 先輩のワザ伝授 第5弾
東南支部教研 ( ダウンロードはこちら )

マエセンのおもしろ学級づくり
子どもの心に寄り添って

出版記念の話 前田睦男氏 (前瓜破西小学校・現南港桜小学校)

 東南支部ニュースの裏面に連載していた実践をこの度、一冊の本にまとめられました。子どもたちの言動をどうとらえるのか、こんなおもしろいことあるよ。・・・「遊び心」を大事にしたお話が一杯。とりわけ、若い先生来てください。

○日時 2017年7月29日(土) 14:30~

○場所 アネックスパル法円坂3階4号室
(地下鉄「森ノ宮」  or 「谷町四丁目」 or  JR環状線「森ノ宮」下車)

○主催 大阪市教(6910-8700) ・東南支部(6700-1071)

 組合に加入していなくても教職員なら参加できます。

楽しく学べる図画工作 (7/23)

先輩のワサ伝授 第4弾  しゃべり場 第3弾 ( ダウンロードはこちら )

 「図工の学び」です! 安田ヒトミ先生を講師にお招きして、図工の学習を深めましよう。今年作品展の方 必見! 切り絵、造形、工作を中心にとりくみます!

 簡単→自由→安心の図工、教える私たちも自信を持って、楽しんで、図工が好きになるごとまちがいなし!ぜひ、誘い合ってご参加ください!

○日時:2017年7月23日(日)午後13:3O~16:3O

○場所:アネックスパル法円坂3階
(JR森ノ宮、谷町4丁目10号出口 徒歩10分)

○テーマ:「楽しく学べる図画工作」

○講師:安田ヒトミさん(大阪市教OB)

○参加の申し込み:大阪市教(大阪市学校園教職員組合) O6-6910-8700

 組合に加入していなくても教職員なら参加できます。

○大阪市教西大阪支部

第47回港のつどい(10月21日) 成功 ありがとうございました

2016_10_21_minato_poster

小西英理ピアノトリオ 

10月21日(金)に開催された第47回港のつどいには、各職場と地域のみなさん合わせて140名の参加で成功しました。           

 ◇メイン舞台は、「小西英理ピアノトリオ」を開催しました。鍵盤奏者 小西英理さん、ドラム YUKKYさん、ベース 森 俊也さんの演奏。小西英理さんは2000年「copa salvo」結成。 アルバムリリースと各地でのライブ&大型フェス、キューバレコーディング等で鍛え、2013年「小西英理ピアノトリオ」始動。

◇プロミュージシャンの音と迫力で、港区民ホールがあっという間にライブ会場となりました。小西英理さんのピアノ演奏は、リズムに合わせ体を揺らしたり、立ち上がったりしながらとても楽しそうでした。アコーディオンも舞うがごときの演奏で魅了させられました。

 演奏後、「よかったね」という声があちらこちらから。よせられた感想は「さすがプロだね」「遊び心のある余裕の演奏で、魅せてくれましたね🎵」「盛り上げてくれましたね🎶」など。プロの生演奏が聴け、楽しい時間を過ごすことができました。

◇バザーも、各団体ともいろいろ工夫して品物をそろえたり、時間をかけた手作り品で参加したりして、楽しく交流できました。

◇つどいのチラシも、生活と健康を守る会や新婦人、市教港支部が地域配布を、各団体の新聞折り込等で7000枚を配布することができました。

◇今回、新しい団体に実行委員会に参加してもらえるよう生活と健康を守る会や新婦人が中心に、児童デイサービス、生活介護事業所、福祉作業所など港区の施設28か所を訪問、案内状送りをしました。今後さらなるつながりや交流の輪が広がっていけたらと思っています。

                        (港のつどい実行委員会)

「小西英理ピアノトリオ」の開始
鍵盤奏者コニシエリさん
ドラム YUKKYさん
ベース 森 俊也さん
ピアノだけでなくアコーディオンの演奏も
舞うがごとくのアコーディオン演奏
遊び心いっぱい立ち上がってのピアノ演奏
いつもの観客も、初めての方も聞き入って
バザーの手を止めて
子どもたちも参加して
実行委員長の大阪市教港支部長浜口先生のあいさつ
司会はすぎの子学童坂口さんと生健会松田さん
出演者紹介 NPOカフェミロの松枝さん
閉会のあいさつは生健会松田さん
入口の看板リニューアル
バザー出店 あいらぶ工房さん
ありんこ学童 マフィン・マナスル
すぎのこ学童 手作りクッキー
あおぞら学童OBゆずりはの会 チョコレート・くだものなど
つむぎ福祉会ゆう パンとコーヒー/青木さんの手作り小物
港新婦人 物品販売 レイラの化粧品も
大正新婦人 高校の署名を
港医療生協 手作り品
自然大学古荘さん 手作り小物
どんくり、貝、ひもなどを使ったかわいい小物
港支部執行委員のフリマ、幼稚園森田さんの手作り品 三先小学校のフリマ
品定めをしながら買い物を
南市岡小と仲間たち 炊き込みご飯
談笑しながら NPOアルコ リサイクル服バザー参加(右前側)
NPOカフェミロ・ニューワークス おにぎり・手作りゼリー 残りわずか
最後のお楽しみ抽選会 受付メンバーも手伝って
アンコールに答える小西英理さん またいつか・・・

参加者からの感想(メイン舞台の感想・その他ご意見)

◇今日は、お声をかけて頂いて、ほんとに、ありがとうございました😊これぞ、プロミュージシャンの音楽を聴かせて、もらいました🎵
すごいですね。遊び心のある余裕の演奏で、魅せてくれましたね🎵
盛り上げてくれましたね🎶
さすがですね❗
ただで、申し訳ないくらい楽しませて、いただきました💕
港のつどい、お疲れ様🍻でした😍

◇すごく素敵なライブでしたね。父さんも喜んでいました。
JAZZはあまり聴いてないのですが、素晴らしい生演奏の迫力にひきこまれてしまいました。
お誘いに感謝です。

◇久々にライブでのれました。また家でギターをひく気持ちがわいてきました。ありがとうございました。
いつも参加させていただきありがとうございます。港のつどいで元気いただき、また頑張ります。

◇テンポもよく楽しかった。
 楽しかった。またお願いします。

◇音響効果の良い会場があればよいのにと思います。

◇去年に続き、今年もおじゃましました。子ども達のためにこれからもよろしくお願いします。

◇高校の署名も集めさせていただき感謝です。
 毎年参加させていただいています。楽しい企画で、いろいろな人が参加できてうれしいです。

◇集客をもっとしないといけないが、なかなか集まらず、年々減っているのが心配。何か方法はないか。

アンケート (10名回答あり)

1.時期(10月21日金 )  よかった   10名
2.開会時刻(6時)      よかった    9名  もう少し遅く1名
3.開催時間(2時間30分)  よかった    9名  もう少し短く1名
4.場所(区民センター)    よかった   10名
5.メイン舞台の開始時刻    よかった    9名  もう少し遅く1名
6.メイン舞台         よかった   10名
  (小西英理ピアノトリオ)
7.バザー出店         よかった    8名  もう少し 2名
(内容・販売時間・店の種類や配置など) 
                  

 

第47回港のつどい(10月21日)

2016_10_21_minato_poster

この案内チラシのダウンロードはこちら

第47回港のつどい(10月21日)

▽10月21日(金)午後6時~8時30分。港区民センター(JR・地下鉄弁天町下車西へ5分)。

 港区、西区、大正区の幼稚園、小学校、中学校の教職員組合、地域諸団体等の交流会。各団体によるバザー・フリーマーケットあり。

 6時50分からメイン舞台「小西英理ピアノトリオ」が。ピアノ小西英理、ドラムYUKKY、ベース森俊也。ラテンでカリプソなミクスチャーピアノ・トリオの音楽をお楽しみください。

入場無料。

大阪市学校園教職員組合港支部(港のつどい実行委員会) 06・6581・4544

語り合いましょう!  子どもと教育のこと
つながりましょう! 地域のみなさん!
第47回 港のつどい に お越しください。

 「港のつどい」は、大阪市学校園教職員組合港支部と西区・港区・大正区の地域の諸団体で実行委員会をつくり、地域のみなさんと「子どもと教育のことを語り合うつどい」です。

★憲法を守り、子どもたちに平和な未来を!

 7月に行われた参議院選挙で自民党・公明党・おおさか維新の会などの改憲勢力が3分の2を超えました。安倍首相はこの数を背景に、衆参両議院で憲法審査会を開き、憲法改定に足を踏み出そうと考えています。
 自民党の改憲案では、現憲法の9条第2項(交戦権の否認)を削り、自衛隊を「国防軍」とし、「自衛」のための戦争や武力行使は認めるというものです。憲法を改定し、「自衛」のために日本を戦争できる「普通」の国にする。

 昨年、国民の大きな反対の声や運動にもかかわらず、参議院で強行可決された「安全保障関連法」(戦争法)は、こうした憲法改悪の流れの中で行われたものです。

 戦後、教職員は、戦前の教育が侵略戦争に子どもたちをかりたてた痛苦の反省から、「教え子を再び戦場に送るな」のスローガンを大切にしてきました。また、今全国でママたちが「どの子も殺させない」と立ち上がっています。

 戦後71年、平和を願う国民の粘り強い運動と憲法9条の力によって、自衛隊が海外で人を殺すことも、殺されることもありませんでした。「戦争法」の発動は、日本の国民が70年以上守り続けてきた平和を投げ捨て、「戦争する国」に国のあり方を変えてしまうことにつながります。

 私たち港のつどい実行委員会は、子どもたちの未来を閉ざす「戦争法」を絶対に認めることはできません。

★今の大阪市の教育は、このままでよいのでしょうか?

 橋下市長になってから「教育改革」の名で、学校のことがわかっていない民間人校長の採用などをすすめてきましたが、今では中学校では「チャレンジテスト」などのテストの押しつけ、小学校でも3年生から6年生までの「学力経年調査」を押しつける計画がすすめられるなど、テストの点数重視の教育となっています。

 テスト中心の教育になれば、考えることよりもテストに役立つ知識だけを暗記することが大事なこととされ、そのつけは子どもたちに回されることになります。

 子どもたちは学校で友だちと協力し合ってこそ成長します。

 一方で、生野区西部の全12小学校を「リセット」し、小学校4校、5中学校を4校に統廃合する計画が出されています。

 大阪市は、こんな教育で本当に良いのでしょうか。

港のつどい実行委員会

第47回 港のつどい 10月21日(金)午後6時~ 港区民センター

しゃべり場! 第2弾(11月27日)

2015_11_27_shaberiba2

しゃべり場! 第2弾

 2学期の折り返しの時期です。学びの秋!みなさん、日々の学習指導、お悩みありませんか。どの青年も悩みながら日々、過ごしていると思います。

 今回のしゃべり場は、先輩から教材研究・指導法、特に「物語教材」について学習したいと思います!ぜひ、ご参加くさい!学習のあとは、のんでしゃべり場!します~☆

日時:2015年11月27日(金)午後6:30~8:30頃

場所:福島区民センター1階 (阪神野田駅から徒歩6分)

テーマ:「物語教材の教材研究と指導」講師:松本喜久夫さん(大阪市教OB)

港のつどい 今年も100名越す参加者で

2015_10_23_minato_03.jpg 2015_10_23_minato_06.jpg
メイン舞台開始  ミックスサウンド とみやま&つだ   劇団「きゅう」によるコント

 10月23日(金)に開催された第46回港のつどい。今年も、各分会や地域の参加者で100名を越しました。

 メイン舞台では、ミックスサウンド「とみやま&つだ」による「海に向かって」「特攻花」「カタクリの花」「ひとつぶの涙」(すべて笠木透作曲)などの歌が。  ミックスサウンドは、今は昔、東大阪の手づくり音楽祭(高校生だった河島英五も参加)で知り合い1980年に結成。東大阪にナターシャセブンを呼ぶ活動を通してフィールドフォークに共鳴。ナターシャセブンやフォークス笠木透ナンバーを中心に唄っている。昨年末、77才で死去した笠木透さんのメッセージソング勝手にひろめ隊とし、曲おこしに励んでいるとのこと。

 続いて、劇団「きゅう」による劇(コント)が行われた。

◇集団的自衛権と後方支援の巻

 戦争法案が成立して自衛隊への志願者がなくなったことから、政府は65歳以上の年金者を強制招集する。「後方支援」活動の中、正当防衛で人殺しをしてしまった隊員たちが捕まってしまうが、「捕虜」にも該当せず、いったい何で裁かれるのか・・・・。

◇戦争絶滅受け合(お)い法案の巻

 数の力で10の法案をまとめて強行採決を狙った安倍工総理。しかし、その中には何者かによって密かに「戦争絶滅受け合い法案」が滑り込まされていて、10の法案とともに成立していたのだ。いざ集団的自衛権を行使することになった安倍工総理・・・・。

   最後に、「私の子供達へ」「あなたが夜明けをつげるこどもたち」(作曲笠木透) をみんなでいっしょに歌って、メイン舞台を終了しました。

◇参加者からの感想

歌◎「特攻花」はやはり喜界島の戦中の歌でしたか。聴けてよかった。

劇◎後期高齢者達を用兵し、外国へ進行していくことになる。

 安保法案審議中に、学生達から検挙者を出すなと言って75才以上の以前学園闘争をした老人たちが東京に出向いたのは聞きました。

バザー・出店について

◎高校廃校の話を初めて聞き、おどろきました。

◎「大阪のおばちゃんのあめ入れ」楽しい品物(作品)でした。

その他

◎すごいですね。回を重ねて46回なんですね。

◇つどいようす◇

  写真

2015_10_23_minato_01.jpg 2015_10_23_minato_02.jpg
第46回になりました                                    外のよびこみ看板もリニューアル

2015_10_23_minato_03.jpg 2015_10_23_minato_04.jpg
ミックスサウンド「とみやま&つだ」        ミックスサウンド 笠木透ナンバーの演奏

2015_10_23_minato_05.jpg 2015_10_23_minato_06.jpg
劇団「きゅう」のコント
【集団的自衛権と後方支援の巻」                    「戦争絶滅受け合い法案の巻」

2015_10_23_minato_07.jpg 2015_10_23_minato_08.jpg
聞き入る                   OBの手作り品コーナー

2015_10_23_minato_09.jpg 2015_10_23_minato_10.jpg
OB手作り品 ひもで「ふくろう」が 幼稚園部のコーナーかわいい手作り品がいっぱい

2015_10_23_minato_11.jpg 2015_10_23_minato_12.jpg
幼稚園部手作り品 ビーズをあしらった薬入   幼稚園部手作り品 くま・うさぎさん

2015_10_23_minato_13.jpg 2015_10_23_minato_14.jpg
幼稚園部手作り品 おおさかのおばちゃんのあめちゃん入れ   つかぽんの作品の店

2015_10_23_minato_15.jpg 2015_10_23_minato_16.jpg
「つかぽん(中学生に在籍中に描いた」 作品を展示 医療生協の店手作り品&バザー品がいっぱい

2015_10_23_minato_17.jpg 2015_10_23_minato_18.jpg
港新婦人の店 バザー品がいっぱい つむぎ会「ゆう」の店 コーヒーがよく売れました

2015_10_23_minato_19.jpg  2015_10_23_minato_20.jpg
「ゆずりはの会」の店 くだものがいっぱい       すぎのこ学童の店 クッキー

2015_10_23_minato_21.jpg 2015_10_23_minato_22.jpg
ありんこ学童の店 マヒィン・マナスル      港生健会の店 物品販売

2015_10_23_minato_23.jpg 2015_10_23_minato_24.jpg
談笑中                                 NPO「arco」の店 アクセサリー&手作り品がいっぱい

2015_10_23_minato_25.jpg 2015_10_23_minato_26.jpg
NPO「カフェミロ] 出演者の紹介を           「カフェミロ」 1年たって大きくなったね。

2015_10_23_minato_27.jpg 2015_10_23_minato_28.jpg
会場もいっしょに歌おう              配られた楽譜をみて歌おう

2015_10_23_minato_29.jpg 2015_10_23_minato_30.jpg
生健会の松田さん 閉会のあいさつを        阪口指導員さん  今年も司会 ご苦労様です

 他に、あいらぶ工房のパン、分会による炊き込みご飯、フリーマーケットの店がありました。

 執行部は、フリーマーケットの店を今年出しました。

第46回港のつどい(2015年10月23日)

2015_10_minato_tsudoi第46回港のつどい

つながろう! 平和のために! 守ろう!子どもの未来を!

2015年10月23日 (金)  開場18:00 メイン舞台18:50~

 港区民センター

今こそ伝えたい 平和の大切さ 劇と歌で綴る戦争の本当の姿

ミックスサウンド  とみやま & つだ

 今は昔、東大阪の手づくり音楽祭(高校生だった河島英五も参加)で知り合い、1980年に結成。

 ナターシャセブンやフォークス笠木透ナンバーを中心に唄う。

 昨年末、77才で死去した笠木透「メッセージソング勝手にひろめ隊」として曲おこしに励む。

  • 海に向かって
  • 特攻花   
  • 私の子どもたちへ など

劇団「きゅう」

 2005年5月に結成された「憲法9条の会・西区」。その会から誕生した劇団「きゅう」

◇演目

  • 「集団的自衛権と後方支援の巻」
  • 「戦争絶滅受け合(お)い法案の巻」

プログラム

  • 開場(受付)  17:30~
  • バザータイム  18:00~18:50
  • メイン舞台   18:50~19:50
  • バザータイム  19:50~20:20
  • 終了      20:30

主催  港のつどい実行委員会

大阪市学校園教職員組合港支部/生活と健康を守る会(港・大正)/NPO法人カフェミロ/あいらぶ工房/すぎのこ学童クラブ/日吉学童コスモクラブ/たけのこ学童クラブ/あおぞら学童クラブ/ありんこ学童クラブ/あおぞらOBゆずりはの会/港西学童保育連絡会/新日本婦人の会(港・大正・西)/NPO法人arco ideas/きづがわ医療福祉生活協同組合港事務所/民主商工会(港・大正)

語り合いましょう!  子どもと教育のこと
手をつなぎましょう! 地域のみなさん!

第46回 港のつどい に お越しください。

 安倍内閣は9月19日未明、国民の6割以上が今国会での成立に反対している「安全保障関連法案」を参議院本会議で強行採決しました。

 この法案は、自衛隊が行うとされている「後方支援」にいっさいの歯止めがなく、憲法が否定している武力行使につながることが明らかになり、国会での審議がすすめばすすむほど、圧倒的多数の憲法学者や元最高裁判事が違憲性を訴え、国民の多くが「戦争法案」と呼ぶようになりました。

 「戦争法案」反対の運動は「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動実行委員会」をはじめ、「だれの子どももころさせない」と訴えた女性やママたち、若者憲法集会実行委員会やSEALDs(シールズ)、T-nsSOWL(ティーンズソウル)をはじめとした大学生、高校生など若者たち、全国で反対運動の先頭に立った日本弁護士連合会など、空前の規模に広がりました。

 私たち教職員も、侵略戦争に子どもたちをかりたてた痛苦の反省から「教え子を再び戦場に送るな」のスローガンを確立し、この反対運動に取り組んできました。

 戦後70年、平和を願う国民の粘り強い運動と憲法9条の力によって、自衛隊が海外で人を殺すことも、殺されることもありませんでした。「戦争法」の発動は、日本の国民が70年守り続けてきた平和を投げ捨て、「戦争する国」に国のあり方を変えてしまうことにつながります。私たち港のつどい実行委員会は、子どもたちの未来を閉ざす「戦争法」を絶対に認めることはできません。

★ 今の大阪市の教育は、このままでよいのでしょうか?

 大阪市教育委員会は、来年度から使用する中学校歴史・公民教科書について、育鵬社版を採択しました。

 この教科書は太平洋戦争を大東亜戦争と美化し、「安倍首相の顔写真」を多用するなど多くの問題点を持ち、各地で採択反対の運動が起こっているものです。

 今、戦争する国づくりの「戦争法」への国民の批判が高まり、「だれの子どももころさせない」との運動も広がっている中で、戦争法、憲法改正を受け入れる人づくりをすすめる教科書を子どもたちにわたすわけにはいきません。

 地域の力を集め、今日の教育問題を語り合いましょう。
私たち港のつどい実行委員会ではこうした子どもと教育をめぐる問題を、子どもを中心にすえて、さまざまな立場で話し合いたいと考えています。
港のつどい実行委員会